DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

ドラクエ5

【ドラクエ5】100年後のドラクエ5にありそうなこと

世の中というのはたった数年で変わっていく。 数年前にあふれていたタピオカ屋は、今はあまり街中でみかけない。 それくらい数年で変わっていく。 もちろんゲームについてもそうだ。

【ドラクエ5】スラリンを最後まて連れていく方法がようやくわかった。

どうしてもスラリンを最後まで連れていくことができなかった……。 馬車に入れておくだけでいいのに、それすらもできなかった……。 そんなある日、転機が訪れた!

【ドラクエ5】普通にプレイしていたら仲間になるモンスターが起き上がらないと、精神が狂う。

どうですか皆さん。 今日も元気にドラクエ5やっていますか? 私はやっています。

【ドラクエ5】ラマダは、イブールの右腕とは思えないほど詰め甘すぎ

ドラクエ5の大神殿には、光の教団の教祖と信者、そしてマーサがいる。 しかしこのマーサは偽物で、実際は教祖の右腕、ラマダである。 このラマダはギガンテスの色違いモンスターだ。

【ドラクエ5】絶対に息子が勇者であることを認めたくない父親VS現実

自分が勇者ではないという衝撃の展開に身を震わせた、ドラクエの中でも超人気を誇るドラクエ5。 では勇者は一体誰なのか?

【ドラクエ5】サンチョの作るご飯っていうのは、ビアンカの朝飯よりもうまそうだな。

ドラクエ5で一番母性溢れているのはサンチョ。 サンチョです。 対戦ありがとうございました。

【ドラクエ5】嫁の実家に新年のあいさつをしに行く主人公

年末年始といえば義実家への挨拶。 ありがちなのは旦那さんの実家に奥さんを伴って帰るというのですが、普段はグランバニアで過ごしている5主人公は奥さんの実家に挨拶に行くべきだと思います。

【ドラクエ5】ニセ太后では世界の王にはなれないと思う。

ラインハットを牛耳っていたモンスター、ニセ太后。 彼は死の間際、こんなことを言う。 「オレさまを殺さなければ、この国の王は世界の王になれたものを」

【ドラクエ5】ミルドラースについて、しばしば第二形態があるかのような錯覚を覚える。

ドラクエナンバリング作品の中で、影が薄いラスボスとして長年君臨しているミルドラースさん。 ストーリー上の存在感もさることながら、戦闘面でもあまり覚えていなかったりする。

【ドラクエ5】名産博物館に置いていいのか疑問なアイテムたち

リメイク版ドラクエ5には様々な追加要素がありましたね。仲間モンスター追加、すごろく、カジノ船、嫁追加(DS版)……。 そして名産博物館!

【ドラクエ5】ネッドのペナントに対してためいきを吐くゆうじい、失礼が過ぎる

リメイク版ドラクエ5には名産博物館という追加要素がある。 博物館の館長になって、各地の名産品を展示するという寄り道要素だ。 そして名産品には格がある。

【ドラクエ5】ミルドラースがいなかった時のデメリットを考えてみた。

大悪党・ミルドラース。 絶対に存在してはいけないほどの巨悪である。 でも……もしミルドラースが誕生していない世界線があったら? 主人公たちをはじめ、あの世界のキャラクターたちはどんな人生を歩んでいただろうか。 良い世界になっていたのか、それとも…

【ネタ】アンシャントロマンとドラクエ5の共通点を理不尽にも考えてみる。

このような記事を書くことで自分の時間が理不尽にも吹き飛ぶし、これを読んでいる読者の時間も理不尽に吹き飛んでしまう。 アンシャントロマン。罪深い。 じゃあ早速書いていくぞ。ウデガナルゼー。

【ドラクエ5】オジロンはエンディング後絶対に余生を謳歌している。

ドラクエ5に登場するキャラクター、オジロン。 主人公の叔父だからオジロン。こう書くとふざけた名前だなと思うが、プレイ中は特にそうは思わないから不思議だ。お父さんだからパパスなんだけど、もはやパパスはパパスだと思うのと一緒だ。

【アイテム】ドラクエ5で1万ゴールを超える武器、お前は高すぎだろと思うやつ

10000Gを超える装備品が店頭に並びだすと、 「うおおおお、もう旅も終盤だぜ~~~」 という気持ちになる。

【ドラクエ5】スライムを最後まで連れて歩くことは絶対にできるはずだと考え直してみた結果。

以前、スラリンを最後まで入れ続けることがどうしてもできない、という記事を書いた。 そう、いつも「今回はスラリンを最後まで連れて行くんだ、別にスタメンにしようってわけじゃないんだからできるはずだ!」と意気込んでは、失敗している。

【ドラクエ5】結婚イベントの立役者アンディは、どんな人生を歩むのがベストなのか?

親子三代の冒険が描かれたドラクエ5。 「ドラクエ5といえば結婚イベントでしょ!」という人も多いだろう。 その結婚イベントでも異彩を放つ存在(?)が、アンディである。 今回はそのアンディにスポットを当てて、結婚イベントを考えてみよう。

【ドラクエ5】もしもパパスの手紙がなかったら「ぬわーっっ!!」どころではないという話

親子の絆を描いた名作・ドラクエ5。 主人公の父・パパスの生き様に涙したプレイヤーも多かったのではないでしょうか? 今回は、そのストーリーの中でも重要な役割を担っているアイテム「パパスの手紙」が、もしもなかったとしたらどうなっていたかを考えてい…

【ドラクエ5】5主人公「ホットストーン……名産品だな!」

モノを見る目というのは大切です。 そのものの価値を引き出すのは、見る人の「目」です。一般的にはゴミに見えるようなものも、その人によって輝く事もあります。

【ドラクエ2・5】トンヌラという語感からくる間抜けっぽさと、実はカッコいい名前だというギャップ

ドラクエ2のサマルトリアの王子の名前候補の一つであり、パパスが息子につけたいという名前であり、牢獄の町から逃げ出そうとする反乱軍のリーダーの名前でもあるトンヌラ。

【イベント】映画ドラクエの可愛いところを見つけるぞっ!

2019年夏、ドラクエ初の映画が公開された。 その名も、『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。 賛否両論というかなんというか、とにかく鑑賞後の感想の嵐が巻き起こった色々な意味での超話題作である。

【ドラクエ5】幼いフローラ「しょうらいはすてきなおよめさんになるの!」

「すてきなこいをして、すてきなけっこんしきをあげて、すてきなおよめさんになるの!それで、すてきなおかあさんになるの!」

【ドラクエ5】お父さんが馬車から命令してくる……

※フィクションです。ドラクエ5とは関係ない、はずです。 どの家の子供もそうなのかな……。 お父さんがずっと馬車から「命令させろ!命令させろ!」って言ってくる……。 お母さんはずっと酒場にいるし、こんなことでいいのかな。

【ドラクエ5】なぜ気づかないのか。それベビーパンサーだぞ。

ドラクエ5の幼少期の最大イベントといえば、ビアンカとのお化け退治! 事の発端は、アルカパで子供たちにいじめられている子ネコ!この子ネコを助けるために、幼い主人公とビアンカはレヌール城にお化け退治に行くのです。

【ドラクエ5】花嫁選びイベントの瞬間に「え!?」となった男の話

ドラクエ好きなら「ビアンカ派・フローラ派」論争は知るところだ。 私がドラクエ5をやったのはかなり後になってから──そう、リメイク版のドラクエ5が発売されて、しばらくたってからのことだった。 その時、私が「え!?」と叫んだ思い出を、ここで振り返り…

【ドラクエ5】ミルクボーイがカボチ村を説明したら

ちょちょいと調べるとミルクボーイさんのネタを派生させて皆さん色々なものを説明しています。 ネタのワンフレーズではなく、ネタのテンプレートが流行るのはさすがM-1王者と言ったところでしょうか。

【ドラクエ5】スラリン「プオーン、先輩への挨拶は?」

モンスターじいさんの檻の中にて……。

【ヒーローズ】めちゃくちゃレベルアップした花嫁たちが原作に戻るところを想像すると笑う

ドラゴンクエストヒーローズ。 異世界の冒険者たちが異世界に召喚され、異世界の者同士で協力して異世界に平和を取り戻して、それぞれ異世界に帰っていく。 それがおおまかなストーリーだ。

【ドラクエ5】奴隷時代が長過ぎておかしくなってしまった5主人公

ドラクエ5の主人公は、6歳から16歳になるまでの間、およそ10年間奴隷生活を強いられる。 10年!なんという長さ!自己を大きく形成する6歳から16歳という大事な時期に、奴隷生活!

【ドラクエ5】フローラは具体的にどんな花嫁修行してたの?

花嫁修業という言葉を聞いた時に何を連想しますか? 料理掃除洗濯……家事全般の修行でしょうか?今どき花嫁修業というのは流行らなさそうですが、ドラクエ5の世界では健在です。