DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

キャラクター

【キャラクター】パーティーキャラクターで一番年下って誰だっけ。

昨日、5月5日は端午の節句でしたね。子供の日というやつです。 こいのぼりを上げてかぶとをかぶって柏餅なんかを食べたりして、無病息災を祈る日ですね。 そういえば子供ってどれくらいまでを子どもって言うんでしょうか。

【キャラクター】ドラクエの中で応援したい恋、実らなくてもいいから仲良くなってほしい。

RPGでは様々なイベントが巻き起こります。そこにいる人々が何かを感じ、行動を起こし、こうしてドラマが生まれるのです。 その中には恋だってつきもの。

【キャラクター】嘘が下手そうなドラクエのキャラクター

昨日はエイプリルフールでしたね。 毎年企業が渾身のエイプリルフールネタを披露してくれますが、この流れが急速に広まったのは最近な気がします。 エイプリルフール自体は昔から知られていましたが、企業のアピールに使われるようになったのはSNSが普及した…

【スピンオフ】ドラクエスピンオフ作品で好きなキャラ

ドラクエはナンバリング作品だけではなく、スピンオフ作品も豊富です。 中には、スピンオフしかやったことがないという方もいるでしょう。 モンスターズやビルダーズ、不思議なダンジョンなどなどなど。そしてスピンオフだからと侮るなかれ、ストーリーもキ…

【キャラクター】ドラクエキャラがVtuberになったら誰が一番稼ぎそうか

YouTubeのスーパーチャット(略してスパチャ、いわゆる投げ銭)のランキングを見ると、バーチャルYouTuber(Vtuber)が上位を占めている。 Vtuberの人口は年々増えており、2021年時点で1万6千人をこえているらしい。

【キャラクター】めちゃくちゃネガティブな仲間キャラクターっていないな

物事をポジティブにとらえることは良いこととよく言われる。 なるほどたしかに。前向きに上向きに考えたほうがメンタルには良さそうだ。 しかしだからといって、ネガティブな思考がダメなのかと言われれば一概には言えないだろう。

【DQけしケシ】パズルをしていただけで愛の告白をされてしまった話。

待望のサービス開始をした『ドラゴンクエストけしケシ』。

【ドラクエ6】テリーは優遇されているんだがされていないんだがわからない。

ドラクエ界のイケメン代表、それがテリー。 さすらいの剣士、青い閃光、最強の剣士(ただし自称)とかっこいい二つ名が多いテリー。 当然人気も高い。

【キャラクター】ククールに手を差し伸べたマルチェロと、マルチェロに手を差し伸べたククール

ドラクエにいる兄弟姉妹は癖はあれどもお互い仲がいい。しかし、その中でも並々ならぬ感情をお互いに抱いている兄弟がいる。 ドラクエ8のククールとマルチェロだ。

【キャラクター】各主人公の「禁句」を考える遊びをしてみる。

ドラクエの主人公たちって、意外とみんな影がありますよね。 大なり小なりどこかしらにトラウマを抱えていそうです。 なので彼らに言ってはいけない禁句、いわゆる地雷を考えるという性格の悪い遊びをしてみたいと思います。

【キャラクター】ドラクエに登場する占い師たち

占い。 悩み事を解決してくれたり、これからどうしたらいいかを指し示してくれる占い。 占星術やタロット、身近なものだと朝の星座占いなど、その方法は多岐にわたる。 歴史を見ると、時には人々の心を掌握するほどの絶大な力を持っていたのが占いだ。

【キャラクター】血液型占いは信じていないけど、ドラクエ4メンバーの血液型を考えてみた。

血液型占いというものがあるじゃないですか。 何型?あーA型?だと思ったわ~。 などと言われるあれですね。

【キャラクター】各作品のムードメーカーって誰か考えてみた。

先日のダイ大で、キルバーンがポップを狙った理由の一つとして、パーティーのムードメーカー的役割があるからと言っていました。 なるほど、どれだけ過酷でつらい旅の中でも、みんなを元気づけるムードメーカーというのは敵側からしたら厄介なのでしょう。

【キャラクター】ドラクエの妹キャラクターを紹介!

ドラクエには数多くの妹が存在する! 上は兄だったり姉だったりするが、とにかく妹が存在する! それを紹介する!

【キャラクター】ドラクエの主人公が『ジョジョの奇妙な冒険』のスタンドを手に入れたら。

『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画では3部からスタンドという超能力が登場する。 今回はスタンドとドラクエをかけあわせちゃうぞ。

【ドラクエ11】ホメロスの一生、彼はどうやって許されたのか

ドラクエ界にイケメンコンテストがあれば、絶対にエントリーされるであろうドラクエ11きってのイケメン、軍師ホメロス。 しかし、彼は光のイケメンではなく闇のイケメンである。 志を持って生きてきたはずなのに、いつからか闇落ちしていたホメロス、その人…

【キャラクター】公式からの扱いがいい色男、カミュ

ドラクエ界きってのイケメン、勇者の相棒カミュ。 勇者の相棒という立ち位置からか、当然他の仲間キャラよりも登場シーンは多いが、それを踏まえても明らかに彼は待遇がいい。 公式がカミュに肩入れしているに違いない。

【キャラクター】トルネコとロウの同じところ違うことろ

ドラクエの歴代キャラクターの中には、作品をまたいで「こいつとこいつ似てるなぁ」というのがいたりします。 その中でも、トルネコとロウはなんだか雰囲気が似ています。 しかし当然彼らは全く違うキャラクター。

【キャラクター】足が速そうな勇者ランキング

小学生くらいのころって、足が速い男の子がモテる、みたいな話ありますよね。 生物として、純粋に身体能力が高い遺伝子を好むというのは非常にまっすぐな判断基準で好きです。野生に放り込まれたときに足が速いほうが生き残れそうですからね。生存競争を生き…

【キャラクター】どういう経緯で仲間になる人が多いのだろう(ドラクエ6~11編)

ドラクエは2以降、主人公と共に旅をする仲間がいます(例外も当然ある)。 仲間になる理由は、基本は主人公の旅の目的に賛同したからや一緒に達成したいからです。 しかし本当にそうなのでしょうか? しっかりと仲間になる理由を見てみたいと思います。

【キャラクター】個性的な髪型のキャラについて考えたらすぐピンクのモヒカンが出てきた。

キャラクターの個性を表すものの一つに「髪型」があると思います。 可愛い髪型、カッコいい髪型、いかした髪型、似合う髪型、そして個性的な独特な髪型。 ドラクエには一体どんな個性的な髪型のキャラクターがいるのでしょうか。

【キャラクター】村から出てきたばかりの少年が出会うのが、強引な筋肉男なの、怖いな

ドラクエの主人公には作品によって相棒的ポジションにいる仲間キャラクターがいる。 大抵は最初の方に仲間になるキャラクターで、一番有名なのはドラクエ11のカミュだろう。 そもそも自分で「勇者の相棒」って言っているし。

【キャラクター】メルビンとバーバラ、似てるのにメルビンのときは何も思わなかったな

これまで苦楽を共にしてきた仲間との別れって辛いですよね。 え、ずっと一緒だと思っていたのに!お別れなの?という、唐突な別れもそうですし、薄々勘づいてはいたけど信じたくなかったんだ……という別れも辛い。 そんな別れがドラクエにもあります。

【キャラクター】ドラクエの主人公、隠れ王族いすぎ

ドラクエの主人公というのはあなた自身でもあるが、主人公自身にもまた彼らの人生がある。 ドラクエはThe王道を行く物語。その主人公の血筋もまた、何の変哲もないなんてことはなく、The王道を行く。そう、王道だけに王族が多い。

【ドラクエ11】カミュがナビゲーションになってくれるの、妹の存在がでかそう。

仲間会話では、しばしば仲間が次に行くべき場所を示してくれたり、ヒントをくれたりする。 ドラクエ11では、仲間たちがそれぞれ自分の意見や感想を述べるなか、一人は必ず次の目的地について話してくれる。 そして、かなりの頻度でその役割を担うのが勇者の…

【キャラクター】あれ!?メガネかけた仲間キャラってチャモロしかいないです???

自作のドラクエのキャラクター一覧を眺めていたら気づいたんですけど、もしかしてメガネの仲間キャラってチャモロしかいないんですか!?!?ドラクエ1~11の歴史の中において! これに気づいた時、私はあまりに動揺しすぎて動機息切れめまいが……うそです。…

【キャラクター】ドラクエ4のパーティーメンバーで人狼をやったら各々どんな感じか

人狼というゲームをご存知でしょうか。 複数人で行うゲームで、村人の中に紛れ込んでいる人狼を話し合いで見つけ出すというものです。

【キャラクター】ドラクエのツンデレキャラって誰がいるか考えてみた

ドラクエ界のツンデレ女王の名を欲しいままにしているキャラクターといえば、そう、マリベル。 マリベルがあまりにもツンデレすぎて、その他のツンデレたちが霞んでもはや見えない勢い。 しかし、探せばいるはずだ。他にもツンデレが。

【キャラクター】あらくれってみんな顔そのものは別なの?

ゲームのモブNPCは大体みんな同じ顔をしている。 おばさんはみんな同じおばさんだし、おじいさんはみんな同じおじいさん。 そしてあらくれは皆同じあらくれマスク。

【キャラクター】牢屋に入れるやつ選ぶときと花嫁選ぶとき、視点は同じだよね

ドラクエ4のガーデンブルクで無実を証明するために仲間を牢屋に入れる。ドラクエ5のサラボナで生涯の伴侶となる花嫁を選ぶ。 どっちもすごく重要なイベントのはずなのに、ゲームだからかプレイヤーという視点が強く反映されてしまう。