DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

【キャラクター】ドラクエに登場する占い師たち

占い。 悩み事を解決してくれたり、これからどうしたらいいかを指し示してくれる占い。 占星術やタロット、身近なものだと朝の星座占いなど、その方法は多岐にわたる。 歴史を見ると、時には人々の心を掌握するほどの絶大な力を持っていたのが占いだ。

【キャラクター】血液型占いは信じていないけど、ドラクエ4メンバーの血液型を考えてみた。

血液型占いというものがあるじゃないですか。 何型?あーA型?だと思ったわ~。 などと言われるあれですね。

【システム】すごろくの落とし穴、いかなる状況でもむかつく。

ドラクエ3やドラクエ5などの寄り道要素、すごろく。 数あるドラクエの寄り道要素の中でも、非常によくできていると思う。 カジノのように腰を据えて頭を使って行う必要もなく、ウマレースなどのように技術もいらない。 ただサイコロを振って自分を進めればい…

【ドラクエ4】トルネコ「や、やくそうくらい持ってくれてもいいんじゃないですかねぇ!?」

今やドラクエの持ち物といえば、必ず袋があるためにほぼほぼ制限はないといえる。 同一アイテムを99個まで収納できる四次元袋のおかげで、目一杯やくそうを持ち込んでダンジョンに潜り込んだとしても宝箱の中身を問題なく手に入れることが出来る。

【モンスター】しゃべることができるモンスターと、できないモンスター

人間の敵であるモンスター。しかし意思の疎通ができるものはいる。 魔王級のモンスターは当然できる。知能が高いからだろう。しかし他にも言葉をしゃべることができるモンスターは大勢いる。

【ガイアスの花嫁】ちょっと!そのスライムなんなのよ! #2

前回までのあらすじ いつものように冒険を楽しむモガマルに、ガイアスは告げた! ブルリア星に脅威が迫っている!と。 それは他の星から迫ってきているらしい。でもモガマルがいれば問題ないさ!

【ダイの大冒険】ダイ大第五十三話感想!バーンの卑劣さには反吐が出るぞ!

ダイ大はアマプラで見ているのですが、今回はなぜかいつもの時間に最新話が上がっていなくて焦りました。 こういうときテレビが見られないのは焦りますね。

【DQウォーク】あるくんですWのスライム全然育たないけど、あるくんですWがあってよかった。

ドラクエウォークにあるくんですWが実装されてからおよそ一年が経ちました。 一か月単位で預けられたスライムを育ててコンテストに出すというこのシステム。 どうですか。

【モンスター】結局シドーも喋れたんだね

ドラクエ2のラスボス、破壊神シドー。 彼は破壊を司る神。破壊こそがすべて。 そんな彼は、ファンの間ではおばかさんとして通っていた。

【ドラクエ6】よーし、じゃあこの守備力40のかぶとをチャモロにやろう!

ええ!?守備力40もあるかぶとですか!? ということはまさか……知力のかぶと!

【ドラクエ3】「はぁ~、明日から職なしだよ~」

メルキドのある男が肩を落として歩いている。 なにやら相当参っているようだ。

【ドラクエウォーク】ドラクエウォークの仲間モンスターに追加してほしいモンスター

ドラクエウォークに仲間モンスターシステムが実装されてからおよそ一か月が経ちますが、いかがお過ごしでしょうか。 おなじみのスライムナイトやキラーパンサーなどが仲間にできるとあらば、かなり嬉しいシステムですよね。

【ガイアスの花嫁】相変わらず自身に満ち溢れたモガマル #1

いつも勇敢で元気いっぱいのモガマル。 そんなモガマルと、かつての冒険王ガイアスがあれよあれよと巨大な魔の渦に巻き込まれていく!? 立ち向かうモガマル!花嫁は一体どこに!今、新たな冒険が始まる!

【ダイの大冒険】ダイ大第五十二話感想!カーーーッ!エイミさん玉砕ッ!!

新しいEDを見ていて思ったのですが、仲間たちの中にバダックさんがいるのめちゃくちゃいいですね。メルルはいないのに。 どうやったらそのポジションを勝ち取れるのか聞きたいです。

【モンスター】スマイルロックとかいう、あの見た目なのに何にも怖くないモンスター

出会った瞬間、ぞくっとしてしまうモンスター代表といえばばくだんいわ。急いで倒したいと思いながらも、中途半端にダメージを与えることでメガンテを唱えられてしまうのではないかとびくびくしてしまう。

【ドラクエ7】メルビンが遠隔で話せるの、地味にすごい。

ドラクエ7の終盤では、メルビンが一人行動をする場面がある。 復活した魔王の手により、一部の大陸が封印されてしまったため、それをなんとかしようとコスタールでたった一人奮闘するのだ。 このとき、メルビンはなんと遠い地にいる主人公たちとの会話を行っ…

【ダイの大冒険】ダイ大がすごく泣けるんだけど、土曜の朝からこんなに泣いていいのか?

はい。どうも。 毎週月曜にダイ大の感想を初見感たっぷりにお届けしております筆者です。 ここ最近は物語もいよいよ佳境なのだろうか、という感じで臨場感たっぷりなのですが、以前から思っていたことを言わせていただきます。

【音楽】ドラクエに音楽をありがとう

突然の訃報に驚きました。 作曲家のすぎやまこういち先生が2021年9月30日、敗血症性ショックのため亡くなりました。 すぎやまこういち先生は数々のゲーム音楽を手掛けており、またゲームだけではなく最ボーグ009などアニメ音楽も多数手がけてきました。

【ドラクエウォーク】ドラクエ5イベント、天空の花嫁はいつもと同じ人を選んだ?

現在、ドラクエウォークは2周年記念イベント中! そのイベントは、ドラクエ5! 仲間モンスターシステムも導入され、ドラクエ5一色です!

【モガマルと行くロトの旅S3】モガマルとロトの旅を楽しんでくださりありがとうございました。最終回

前回までのあらすじ ブルリア星に戻ってきたモガマルたちは、ルビス様を封印したのは一体何者なのかを考える。 そしてルビス様は思い出したのだ! そう、ルビス様を封印したのは、ほかならぬルビス様自身なのである!

【ダイの大冒険】ダイ大第五十一話感想!竜騎将バラン、熱すぎる……。

ダイ大も放送開始から一年! すっかりダイ大ファンになりました。 が、この週末は引っ越しをしていたので相変わらずリアタイ視聴できませんでした。

【モンスター】さまようよろい「位置情報サービス……?」

あくましんかん「今日からモンスター軍の動向を管理しやすくするよう、GPSを導入する。これでちゃんと魔王様に貢献しているかサボっているか正当に評価できるからな。いつでもお前たちがどこにいるか確認しているからな」 スライム「へぇ~、なんだかよくわ…

【ドラクエ4】デスノートにデスピサロって書いたらどうなるのか

このノートに名前を書かれたものは死ぬ。 これがデスノートである。

【モンスター】ハッスルしていないハッスルじじいはじじい。

ハッスルじじいはハッスルしているからハッスルじじい。 しかし、ハッスルじじいだって、たまにはハッスルする気分じゃない日もある。

【ダイの大冒険】ダイ大、マスコット的キャラがけっこういる。

ダイ大をあまり知らなかった私ですが、以前はずっとゴメちゃんがダイ大のマスコットだと思っていました。 別にそれは間違ってはいないのですが、ゴメちゃんだけじゃないんですね。 ということで、こんなマスコット的なキャラもいたのかぁ!という記事です。

【ドラクエ5】ミルドラースについて、しばしば第二形態があるかのような錯覚を覚える。

ドラクエナンバリング作品の中で、影が薄いラスボスとして長年君臨しているミルドラースさん。 ストーリー上の存在感もさることながら、戦闘面でもあまり覚えていなかったりする。

【モガマルと行くロトの旅S3】聞いて驚け、次回が最終回だ。#110

前回までのあらすじ 三度世界を救ったモガマルは、ようやくブルリア星に帰ってきた。 大冒険を終えたモガマルたちだったが、一つ疑問が残る。 そう、ルビス様を封印したのは一体誰なのか?ということだ。

【ダイの大冒険】ダイ大第五十話感想!チウの活躍に涙が止まらない!

ダイの大冒険、なんと今回でちょうど五十話! 早いものですねぇ。 毎週毎週楽しませていただいていますが、これからも楽しませていただきます。

【ドラクエ5】名産博物館に置いていいのか疑問なアイテムたち

リメイク版ドラクエ5には様々な追加要素がありましたね。仲間モンスター追加、すごろく、カジノ船、嫁追加(DS版)……。 そして名産博物館!

【アイテム】天空装備って結局どこから来たの……。

ドラクエの伝説装備といえば、ロトシリーズ。そしてそれと双璧をなすのが天空シリーズである。 天空の名を冠す武器装備は、天空の勇者しか装備することができない。 それらに身を包み、天に浮かぶ城へ行く。それこそが天空を駆ける勇者である。