DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

エイプリルフール

【システム】FFの状態異常、怖いものからよくわからないものまで盛りだくさん。

RPGの状態異常と言えば、戦闘不能、毒、麻痺、眠りなどがパッと思いつく。 しかし中には、「その状態異常怖いな!?」や「なにそれ」というようなものが色々ある。 それはFFもしかりだ。

【FF9】リメイク版のムービーが素晴らしい。

名作RPG、FF9。 FF、いや、日本のRPGというジャンルにおける、ひとつの集大成と言って良いほどのゲームです! リメイク版のクオリティも素晴らしい! 特に、時折カットインされるムービー。想像力をしぼませるのではなく、むしろ物語への没入感を高めてくれ…

【システム】セーブデータから復帰するとダンジョンなのなんか寂しい

本当に本当に幼かったあの頃、まだRPGをろくにプレイできるような年齢ではなかったあの頃。 それでもゲームに興味を持ち、誰かがRPGをプレイしている背中を見ていた私は、どんなものなのかなぁと、ちょっとやってみたくなった。

【FF7】FF7のキャッチコピー、今思えばだいぶフランクだな

FF7のキャッチコピー。 「君はもうクラウドになったかい?」 わかっている。わかっているんだ。 ゲームをプレイすれば、このキャッチコピーには表層的な意味だけではなく、もっと深い意味での「クラウドになったか」という問いがふくまれていることは。

【FF5】モンクをやめられない自分がいた。

FF5にはジョブというシステムがある。 クリスタルの力を借りて、各ジョブに変更することで特殊な力を使うことができるのだ。

【ディシディア】経験値稼ぎのために倒され続ける皇帝とエクスデス

PSPのディシディアファイナルファンタジーという、かなり懐かしいゲームの話なのだが…… やっぱり皇帝とエクスデスは倒しまくりますよね~。

【FF1】FF1のストーリー、めちゃくちゃ壮大でファンタジーですごい【ネタバレあり】

ファイナルファンタジーは1987年に一作目が発売され、国民的RPGの一つとして長く愛されてきました。 その一作目のストーリーは、王道でありつつも奥行きが深いものになっています。 何年か前にPSPでリメイク版をプレイしましたが、そのストーリーには非常に…

【クロノトリガー】クロノトリガーのいいところは、機械文明の存在。

クロノトリガーの魅力はたくさんありますが、中でも大きいのがキャラクタ―デザインを鳥山明先生が務めているところでしょう。 あのドラゴンクエストのキャラデザも務めているということもあり、ドラクエプレイヤ―の中にもクロノトリガー好きは多いはずです。

【クロノトリガー】「Guilty!」有罪へ一直線だ、クロノ!

初見、絶対クロノは有罪になるから!!!!!

【クロノトリガー】クロノはいいヤツだが、決して人間の男を仲間にしない

可愛い王女と、天才の幼なじみ……両手に花!こんな状況やめられるか!

【クロノトリガー】いいから黙ってルッカを入れてクロノを生き返らせようぜ

クロノトリガーの素晴らしいところは、パーティーメンバーによってイベントの台詞や内容がちょっと変わること。 細かな台詞設定が素晴らしい。 マルチエンディングだけではなく、この細かい作りのおかげで何度でもプレイしたいゲームにクロノトリガーはなっ…

【クロノトリガー】何回やっても「つばめ」、選んじゃうんだよなぁ。

北の森の遺跡でヌゥからもらえる装備品。 強くてニューゲームで始めた時は論外として、毎回つばめ選んじゃう。

【クロノトリガー】オープニングで見たドラゴン戦車をラスボスだと思っていた

愚かなり、孔明! そんなオープニングなんぞで手の内を明かすわけがなかろう!

【クロノトリガー】クロノトリガーで亜人に目覚めた気がしている

スーファミの名作RPGといえば、ドラクエやFFと並んで我らが名作「クロノトリガー」があげられることが多い。 名作といえば、人生への影響力も大きい。 ドラクエで正義を学び、FFで悪を学んだ。 しかし決定的に私を「目覚め」させてくれた……いや、「目覚め」…

【クロノトリガー】セーブタイトルで一番好きなのはどれですか?

クロノトリガーはセーブをすると、現在進めているストーリーに対するセーブタイトルがつきます。 それがどれもとても秀逸で、プレイした人であれば誰もが自分のお気に入りタイトルを持っているはずです。

【クロノトリガー】古代の賢者4人目がいたとしたら多分名前は「ムッシュ」

古代の三賢者の名前ってガッシュとボッシュと、あと一人誰だっけ。急に気になってきちゃった。 時の賢者、ほら、時の最果てにいる人。 「そう、わしがムッシュじゃ」

【FF8】逃れられなかったリノアエンド。

ファイナルファンタジー8のヒロイン、リノア。 今でこそわりとリノアは好きだ。あの奇怪な言動も、可愛いじゃないかと許せる。 だが初見プレイ当時の未熟な私はリノアがあまり好きではなかった。

【FF5】FF5の攻略本で多分一番有名なやつ。

昔やったゲームの思い出というのは、ゲームそのものの他にも、擦り切れるほど読んだ攻略本も含まれると思う。 ドラクエの攻略本の思い出は沢山あるが、ファイナルファンタジーの攻略本の思い出は断トツでFF5。

【FF8】私のスコールはかれこれ6年ほど、ずっと拷問を受けている。

プレイステーションのゲームというのはすでにレトロゲーに入っているのだろうか。どうしてもその現実を受け入れられない。しかし、「ファイナルファンタジー8、懐かしい~」と思いプレイを改めてし始めた自分がいるので、現実を受け止めるべきなのかもしれな…

【FFT獅子戦争】妙な名前表記と、なかなか紹介してもらえない神父さん。

名作『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』は、とにかくお洒落だ。 どこもかしこも、とってもお洒落だ。 そう……キャラクターの名前紹介ですら、お洒落なのだ。

【FF6】ティナが主人公みたいになっているが実際どう思う?

ファイナルファンタジー6の最終的なプレイアブルキャラクターは14人。そして14人すべてが主人公である。これはもう公式様のありがたいお言葉なので受け入れるしかない。

【FFT獅子戦争】チョコボが滅茶苦茶可愛いの!見て!ほら!

FFTは、これだからたまらんのだよォ!!!

【FF4】FF4の続編で特に可愛い新キャラ3名

ファイナルファンタジー4は個人的にFFの中でも屈指の名作だと思っている。どことなく重苦しいストーリー、重厚な音楽、仲間との悲痛な別れ、そして出会い。特にラストダンジョンのあの勇ましい音楽は聞くものを奮い立たせるだろう。そして宝箱をあけて全滅す…

【FFT獅子戦争】ナンパっぽい導入がツボる。

FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争。 重厚なストーリーと絶妙なゲームバランスが魅力の人気ゲームだ。

【FF10】春は出会いの季節なので、アルベド語で自己紹介する。

FF10シソフビョフヌウアルベドゾクマ、ソルヲフオデンゾベワウ「アルベドゴ」ムユアッセアミカムキヤヌ。ロンギユマアルベドゴムユアッセ、ヨオラミソオキョフアミキサミソトコミヤヌ。