DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

【ビルダーズ2】DQB2は熱血スポ根ゲームだと仮定してみた

いよいよ発売、ビルダーズ2

大人気ゲーム、ドラゴンクエストビルダーズ。2016年1月に発売された『DQB』は、全世界で累計110万本を超えるヒット作となり、数あるドラクエ派生作品の中でも存在感を示しています。

そして2018年12月、遂に待望の続編が発売となります。

今回はその、ベールに包まれた内容を暴いていこうと思います。

 

あくまで個人の予想であり感想ですが、発売日前なのでそんなのは当たり前のことなのです。居酒屋で聞くたわ言だと思いながら聞いて欲しい!!!

DQB2の広告を見て、思うのだ──第2作はきっと、熱血スポ根ゲームだと(仮定)。

 

 

サッカーをしてみるんだ

少年、ボールじゃなくてがれきをける

ほぉら、早速、早速です。

蹴球を嗜む少年。

元日本代表の中村俊輔がコーナーキックを蹴った際に、球がどれくらいの回転数へ達するかご存知ですか?

僕は知りません。

 

ベースボールも嗜むんだ

ヒットエンドラーン

日本で大人気のスポーツ、野球。

イチローが高校時代、常に心がけていた練習法をご存知ですか?

僕は知りません。

しかしこの姿勢、たぶんヒットエンドランかバスターを決めた瞬間ではないでしょうか。

かなり技巧派です。相当な鍛錬が感じられます。

  

フラメンコも踊る

社交ダンスとかも今はやっているし

フラメンコには棍棒はいらねぇんですけどね。

オーレ!!!

 

飛び込みも辞さない

崖からぴょっーん

着水の美しさにご注目ください。

 

たまに溺れたりもする

完全にガボガボガボガボガボォ
いい笑顔だろォ?

 

でも、何か創るかもしれない

多分こっちが本分だと思うんですけど

スポ根ものでクリエイティブな作業……?

そんなものあるわけないか、と思いつつ、前作を思い返してみます。

 

前作は……たしか、ものを作るのを忘れた人々を、主人公が救っていく物語。主人公が街を作り、素材を採集し、モンスターと戦い、世界を救っていくストーリーでした。

人々は、ものを作り出す彼に、惹かれ、頼っていく……。

 

そんな前作を踏まえて、今回引き継がれるであろう「テーマ」を発表します。

人と人との絆、です。

そのマインドさえ受け継がれていれば、もうそれはシリーズ第2弾として受け入れてあげられると思うのです。

 

固く結ばれる絆

ほら、これなんて、もう絶対そうじゃないですかァ!

スポ根をベースにした、男と男の泥臭い友情神話。

スポ根をベースにした。

 

女の子はツインテール
ほら、オタサーの姫もいますよ。やっぱりツインテールなんですね。

きっとマネージャーか何かでしょう。

男くさい世界の紅一点というポジションに、余裕のある笑みを浮かべています。

 

スポ根もので、大切なこと

見切れるあらくれ

スポ根もので大切なもの。

それは……筋肉です。

後ろにいるあらくれの筋肉、美しいですね。

 

……あれ?

もしかして?

 

もしかしてビルダーズ2って、筋肉をビルドしていくゲーム??

 

ビルダーズって、もしかしてももしかしなくても、筋肉をビルドする者たち──すなわち、ボディビルダーなのかもしれません。

 

思えば前作でも筋肉をビルドしているあらくれたちが登場しましたが、なるほど、2にしてようやくゲームの真の目的を果たせるわけですね。

 

 

筋肉は裏切らない

鍛え抜かれた身体は、美しさを感じさせてくれます。

その均整のとれた肉の盛り上がりに、人々は思わず見惚れ、そして信頼を寄せていくのです。

そしてその筋肉のもとに、人間は集まり、衣食住を整え……最後には街ができる。

古来よりそうして街は生まれてきました。

今回もきっと、美しい筋肉が我々を魅了してくれるに違いありません。

 

 

(文・OGTキシン)