DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

【ドラクエ7】デス・アミーゴ戦、初見殺しじゃない?

こういうことって、唐突に思ったりするものだ。

そう、思ったのだ

デス・アミーゴ戦ってけっこうきつかったよな?と。

 

なおここではPS版のデス・アミーゴ戦について書いている。

 

デス・アミーゴは過去のオルフィーで戦うことになるボス。

主人公たちはここまでウッドパルナ・エンゴウ・ダイアラックを救っており、旅人として少々成長したころ。ただしダイアラックには戦闘するようなイベントはないため、バトル的にはオルフィーは3つ目な印象。どちらにせよそれなりに呪文や技も覚え、自信がついてきているころだ。

 

対するデス・アミーゴ。

攻撃方法は通常攻撃とかまいたち。そしてまぶしい光を使ってくる。かまいたちがこの時点ではなかなかに痛い攻撃。さらにたまに2回行動をしてくる。この序盤に2回行動は卑怯だろ!素早さに関しても特段高いわけでも低いわけでもないという微妙にむかつくラインで行動順が読みづらく、回復のタイミングをミスるとうっかり死んでしまう可能性あり。まぁそこそこ手ごわいボスだろう。

 

しかしここまでくるレベル帯であれば、恐らくは主人公だけではなくマリベルもホイミを覚えているので、よほど慢心しなければ負けないだろう。マリベルは非力な上、攻撃呪文もメラしかないため、ホイミ役に徹してもらえばいい。

 

否!!

 

否否否否否い否いばぁ!

 

デス・アミーゴ戦ではなんと魔法が使えないのだ!

魔法を使うとこんなあおりを食らう。むかつく。

 

 

よってやくそうをしっかりと買い込んでいく必要がある。

 

いや~~~。この序盤の絶妙な時期って、お金もそんなにないからアイテムを余分に買うことはなかなかできないのだ。ちょっと多めに買っとくか、くらいならやるかもしれないが、せいぜいボス前の回復にやくそうを使うくらいでしか余分には買わない。

そのため、ホイミが使えるやつにはやくそうを持たせる発想がそもそもない。しかもこのすでに二つのボスを撃破しているという絶妙な段階に来ると、ホイミ使えるやつのMPがそこそこあるため、回復はそいつに任せておけばいいやとなる。つまり攻撃役(つまりキーファ)には大してやくそうを持たせないわけだよ。

 

そうなるとどうなる?

 

ホイミも使えない、やくそうも持っていない!回復手段が乏しい状態でデス・アミーゴ戦だよ!!

やくそうをしっかり全員に持たせる慎重派タイプのプレイヤーは問題なかったかもしれないが、まぁ私は面食らったわけだ。まさかそんな仕打ちを受けるとは思わないじゃないか。しかもホイミが生命線の序盤において。

 

一応あのダンジョンの名前は魔封じの洞窟というのだが、デス・アミーゴという魔が封印されているだな~と思うだけで、まさか洞窟、しかもボスエリアのみがマホトーン空間だとは思わないじゃないか。

そう、ボスエリアだけというのがいやらしい。そこまでの道中は普通に魔法を使えるのだ。明らかにボスがいるようなダンジョンに入る時は、なるべくMPを節約したい。そうやってMPを節約しながらたどり着いた先で、まさかの強制マホトーン。いや、肝心のボス戦で魔法使えないなら道中で思う存分ぶっぱなしましたけどぉ!?とメンタルにもダメージを与えてくるデス・アミーゴ戦。誰だこの仕様を考えたやつは。

せめて町などでそういった情報を漏れ聞いていれば警戒できたのに、そういった情報はない。一応ボスエリアの近くまで行くと仲間会話でそれっぽいことをマリベルが言うが、いや限定的すぎるっつーの!わかるか!現に私はわからなかったよ!

 

よしんばやくそうをちゃんと持って戦ったとしても、どうしても持てる数は限られているため、慎重にならざるを得ない。回復役といえばマリベルだが、マリベルばかりに回復を任せるとあっという間にやくそうがなくなる。それを回避するためにやくそうを温存しようとするが、そうなると魔法を使えないマリベルは完全にやることがない。直接攻撃をしても大したダメージを与えられない。

結果マリベルはいつもしっぺ返しを狙うだけになってしまっている。マリベルのしっぺ返しを一番使う戦闘、デス・アミーゴ戦説ある(ない)。

きこりが薬草を使ってくれるのが唯一の救い。しかしたまに自分を回復したりするのであまり頼りすぎるのもよくない。お前どうせHP無限なんだから回復いらないだろ!

 

と、初見殺しなデス・アミーゴ戦だが、これがなんと3DSでのリメイクでは打って変わってしまった。

なんと洞窟のマホトーン効果がなくなったのだ。これにより、デス・アミーゴ戦でもガンガン魔法を使えるようになり、さらにはあいつラリホーが効くもんだから完全に弱体化したのだ。

3DS版プレイヤーとPS版プレイヤーでは、絶対デス・アミーゴ戦の感想が変わってくる。

この微妙な仕様の違いがまた憎たらしい。

自分の中で、デス・アミーゴ戦で魔法が使えなかった思い出と使えた思い出が混在しているため、どっちだ……?となりがち。心配ならやくそう買い込めばいいし、1ターン目に適当に魔法を使って確かめればいいのだが、なんだか釈然としない。

PS版をプレイした人の中で、3DS版でまさかそんな仕様変更がされていると思わず魔法を使わず倒した人もいるのではないか?さらに3DS版を先にやって、PS版をプレイしたときに「え?魔法使えないの?は?」となったプレイヤーもいるのではないか?なんで仕様変えた?初見だけじゃなくて、その後もこちらをはめようとしてくるその姿勢、見た目の通りふざけているぜデス・アミーゴ。

 

ドラクエ7はストーリーの暗さに注目されがちで、ボスもヘルクラウダーや山賊などがよくあげられるが、こういうちょっとしたところでも苦~い記憶を植え付けてきたものだ。さすがドラクエ7。そういうところ、好きだよ。

 

(文・やなぎアキ)

 

関連記事

www.dq-free.com

www.dq-free.com