DQフリ ドラクエファンサイト

『ドラゴンクエスト』が好きだという全ての人へ送る、「ドラクエファンによるドラクエファンのための」フリーコンテンツです。毎日更新!

【キャラクター】超個人的キャラクター辞典 ホルス王子

ドラクエのキャラクターについて、いくつかの観点から読み解いていく!

筆者の超個人的主観によるキャラクター辞典!

第五十一回目はホルス王子!

 

※全て筆者の主観であり、筆者のプレイスタイルによるものであることをご了承ください。

 

見た目

固有のグラフィックを与えられており、そのドット絵と公式ガイドブックなどのイラストを見ると、茶髪で坊ちゃん刈りというまさに手塩にかけて育てられた王子様といった感じ。

年齢は15歳で主人公の二つ年下、チャモロと同い年である。が、どう見てもそれよりも幼い印象を受ける。ドット絵の坊ちゃん刈りのせいだろうか。

リメイク版では髪の色が金髪になっており、坊ちゃん刈りヘアではなくなっている。頭身もさらに小さくなっており、15歳と言われてもにわかには信じがたい。

試練に行くのを嫌がって樽の中に隠れるイベントがあるのだが、グラフィックの都合以外にも普通に小柄なのだろう。

 

 

性格

わがまま、弱虫、サボり魔、いたずら好き、、傲慢、臆病者、とおよそ王族としての振る舞いがなっていない。彼のダメ王子っぷりに国民は辟易としているようで、王子を称える歌を無理やりやってみた詩人も、「ウソを歌にするのは辛い」と言っている。

およそ何をさせても身に着かず、目先のことから逃げてばかりの王子なのだが、主人公たちへの態度はでかい。こっちも一応王族なのだが、身分を明かしていないから仕方がない。

あまりのわがままっぷりのせいで、クビになってしまった兵士もいる様子。そんな感じなので城の兵士からの人望はないに等しく、国の行く末が心配になるレベル。

が、子供たちにはどうやら慕われているようで、けっこう下のものへの面倒見はいいらしい。案外大人になったときには国民のために動ける君主になれるのではなかろうか。

彼がこんな傍若無人になってしまったのは、恐らくは両親である王と王妃が甘やかすからだろう。

王妃が言うには、王子は心の優しい子だから争いが嫌いなだけで弱虫なんかではないらしいし、儀式を終えられないのは兵士の力が足りないからというのが王の言い分。大丈夫なのかこの国は。

まぁ洗礼を受けた後の王子は、多少なりか王になるものとしての自覚が芽生えたのだろうから期待しよう。

本編が終わって主人公とホルス王子がお互い外交でまた会うことになったら、彼は一体どんな反応をするのだろうか。

 

ストーリー

ホルストックの王家にはある慣習があった。

王家のものは15歳になると、王家が管理する洞窟に赴き洗礼を受けなければいけないのだ。晴れて洗礼を受けられれば、王位を継ぐことができる。

そしてホルストックの王ホルテンの一人息子もちょうど15歳。洗礼の儀式を受ける年である。

しかしここで困ったことが。

ホルス王子はとんでもない臆病者で、兵士たちが儀式に連れ出そうとしてもあの手この手で逃げ出してしまい一向に洗礼が済ませられないのだ!

すっかり頭を抱えてしまった王様。王子は王の前ではいいかっこしいなのか、洗礼が済ませられないのは兵士のせいだと勘違いしている。困った困った。

そんなある日、ホルストックにある旅人一行が現れる。各地を旅するものならば腕っぷしも強いだろうと、王子の護衛を頼むことになった。

めんどうな依頼を引き受けてしまった旅人たちだったが、逃げる王子に根気強く付き合ううちに、王子にも心境の変化が訪れる。

 

性能

一時的に旅の同行するものの、戦闘には一切参加しないため戦闘能力を図ることは難しい。一応あのチャゴスですら戦闘にちょっとは参加するというのに。

仮にも王子なので剣の稽古もあるようなのだが、城の兵士曰くサボってばかりとのことなので戦力はあまり期待できないだろう。

それよりも彼の特長として挙げるならば、その逃げ足の速さ。

主人公たちがちょっと目を離したすきにものすごい遠くまで逃げていく。まさに脱兎の如し。素早さがとても高いのだろう。それゆえに、盗賊をやらせてみたらその能力をいかんなく発揮できるかもしれない。

さらに、洗礼の洞窟をある程度奥まで進んでもなお一人で逃げ出すのだから、忍び足の才能もある。そもそも彼は城から幾分距離があるホルコッタの村までよく遊びに行っているようなので、魔物が行きかう場をそそくさと移動することなどお手の物なのだろう。その才能をいかんなく発揮すれば、別に主人公たちがいなくとも洗礼の儀などおちゃのこさいさいなのでは?と思わなくもないが、3体の試練と戦わなければいけないためそうもいかないのか。でも結局3体とも王子は手を出さずに、全部主人公たちに任せたんだよなぁ……?

 

その他の活躍

特にこれと言った活躍は他にはないが、リメイクの仲間会話だと散々仲間たちに愚痴られからかわれている。

ホルストックの民衆が(うわべだけだろうけど)ちやほやしてくれるのに対して、掛け値なしで接してくれる一行の話を聞いて、このままじゃだめなんだなと思い直したりしたんだろうか、と彼の心境に思いを馳せてみる。

 

総評

ドラクエにはへたれだったりわがままだったりな王子が色々存在する。彼もその一人だ。

何回も逃げ出してこちらの手をわずらわせてくるあたり、あまりいい印象を持ちづらいのはたしかだ。

だが、洗礼を受けた後に主人公に「オレは立派な王になれると思うか?」と聞いてくるところは好きだ。それまでは王位を継ぐことに現実感がなかったであろう王子が、主人公との出会いを通して、ほんの少しだけ成長したことがこの質問から見て取れる。頑張れよホルス王子。

 

(文・やなぎアキ)

 

関連記事

www.dq-free.com

www.dq-free.com